UP-TIGHT

(UT-001:CD)
 

1 melt rain
2 異邦人
3 Just A Dreamer
4 夜明けは遠い
5 無題 
 

1999年。
自主制作によるファーストアルバム


英国「THE WIRE」誌(isuue209/July 2001)掲載のレビュー  
Reviewed by David Keenan.

Up-Tight are a noxious young trio from Tokyo, all acolytes of the legendary Japanese psych group Les Rallizes Denudes,
who augment their sound with crushing, Sabbath-styled dynamics, earsplitting acid leads and beautiful Velvets-inspired ballads.
The opening “Melt Rain ” filters the thug rock of UK geaserslike The Deviants through a PSF aesthetic,with epic levels of feedback and sustain.
If song structures are mostly kept loose, allowingfor lots of noisy improvisation, generarlly the disc is anchored by heavy riffs.
Just when you thought you'd got to grips with Tokyo's paradigm destroying psych scene,this one hits like a sucker punch.

アップタイトは日本の退廃的なスリーピースパンド。
日本の伝説的バンド「裸のラリーズ」の信望者である彼らの音楽は、砕け散るサウンド、ブラック・サパスのようなダイナミックさ、耳をつんざくアシッド・ノイズ、そしてヴェルヴェットを彷彿させる美しいバラードで満ちている。
オープニングの「メルト・レイン」は、Deviantsのようなイギリスの残虐なロックにPSF的な美しさを混ぜ合わせ、桁はずれなフィードバックとサステインを加えたような音楽である。
曲の構成は、大部分がゆるやかで、そこにノイズに満ちたインプロビゼーションが多数組み込まれており、全体的に、ヘビーなリフが繰り返し演奏されている。
もし、あなたが、日本の破壊的なサイケ・ミュージックに触れてみたいと思うのなら、このCDは、まさしくその通りである。
<translated by yoshino>